サービス一覧

離島は本土から離れている場所にあるので、健康なときはいいのだけれども急病やケガをしたときの対応に苦慮するところが多い傾向にあります。
しかし、インターネットなどの通信回線の整備により本土と変わらない治療を受けることができる遠隔治療を可能にした離島も少なからずあります。
しかし、離島の高齢者の割合は大きく、本土が2割強に対して5割にものぼる島が数多くあり深刻な問題となっています。
島の人が安心して老後を島で送れるようにすることが大切と重視はされていますが、医師不足により現実は難しいものがあります。
緊急を要する病気やけがには緊急搬送用のヘリがあり、以前よりは急病人がでても命が助かる率が高まっています。
今後とも本土と同じレベルの福祉医療を受けることができるように整備していくことが求められています。
また、島の医師不足を解消する為の施策も同時に求められており、宣伝活動を広く行うことや人材募集をするなどの対策が講じられています。